筋トレを趣味にしよう!BODYデザインブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「筋トレ」を趣味にしよう! BODYデザインブログ

健康である事がまず基本です。美しいボディを目指して頑張りましょう。

食事制限なし!?現代人が忘れているダイエットの基本とは

f:id:komutantan:20150831094028j:plain

最近のダイエットの主流といえば、糖質制限や8時間ダイエットなるものがあり効果も高いとされていることから多くの方が取り組まれていますが、正直面倒くさいし長続きさせるには相当な覚悟と根気が必要とされます。

また止めてしまった時のリバウンドは非常に大きいい為長期的な取り組みとしてはおススメしません

そんな中最近もう一つ注目されている大切な事が「咀嚼回数」(そしゃく、食べ物を飲みこむ前に食材を噛む行為)です。

咀嚼を増やすだけで高いダイエット効果と健康効果がある事が最近改めて見直されています。

極端な食事制限をしなくても、糖質制限や血糖値の管理をしなくてもダイエットできるのであれば、取り組まない手はないでしょう。

今回は咀嚼によるダイエット効果のメカニズムについてまとめていきます。

 

現代人の咀嚼回数

現代人が忘れてしまっているダイエットの基本は「咀嚼」。

退化か進化?しているのかわかりませんが、明らかに噛むという行動が少なくなっている事実があります。

誰がどう調べたのか分かりませんが、

現代の日本人の一食に要する咀嚼回数は平均620回と言われていて1口あたり10回程度と非常に少なくなっています。

これは少し前ですが、およそ70年程前の約1/3 程度といわれています。

 

咀嚼の少ない食事は身体への悪影響があるとされていて、特に肥満や歯周病の原因の一つとなり、咀嚼の減少が顔の骨格にも影響されていて顎が縦に長くなってきているともいわれています。

咀嚼回数が減ってしまった要素の一つには、食事内容の欧米化という事が関係していますが中でも、ジャンキーフードやパン、麺類、白米などあまり噛まなくても美味しく食べられるダイエットの敵ともいえる食品が食生活の中心になっているという事もありますし、調理技術や食料保存技術の向上も柔らかいものばかりを食べる習慣化の要因となっていて文明や文化の発展が人間を退化させているともいえるでしょう。

早食いが太る原因と理解しているが・・・

昔から「早食いが太る原因」だといわれ分かってはいるつもりでも、ついつい早く飲み込みたくなったり、テレビやスマホを見たりといった、ながら食いという集中力を欠いた食事で早食いとなりがちです。

よく噛まないで食べる事のデメリットは非常に多くあり、中でも満腹中枢が満足感を得られないうちに過剰にカロリーを摂ってしまうという事がありますが、それ以外にも胃や小腸などの消化器官にも大きな負担をかけるばかりではなく、早食いによって急激に上昇した血糖値の上昇を抑える為に膵臓からのインスリンの分泌も増える事で、膵臓への負担も大きくなりやがて糖尿病になってしまう原因の一つとされています。

肥満予防以外にも、身体の至るところに悪影響を及ぼす恐れがある早食いは、早急に見直す必要があるといえるでしょう

咀嚼を増やすメリット

咀嚼の回数を増やす事で得られるメリットとしては

・アミラーゼという消化酵素の分泌が盛んになり消化を助けるばかりでなく、炭水化物を早くブドウ糖へと変換させることが出来、血糖値の上昇を抑える働きがある。

・脳内でヒスタミンの分泌が促進され、食欲中枢へ働き食欲を抑える働きがあるとさています。

・そのヒスタミンにより内臓脂肪を燃焼させる働きがあるミトコンドリアへの作用も促進させる効果がある。

 

つまり食欲抑制効果と内臓脂肪の減少、血糖値の急激な上昇を抑える効果があるという事です。

 

咀嚼ダイエットの方法

咀嚼ダイエットの方法はとても簡単で、

一口、30回噛むという事だけです。

また満腹感を感じた時には食事を残す勇気を持ちましょう。

注意点は、30回きっちり噛める適量を口に運ぶ事、30回より多くても少なくてもNG。という2点だけです。(ガムは基本的に食事とは別物と考えます)

柔らかい食材がメインの場合、30回も噛めない事があるのでその際には、前菜に噛み応えのあるサラダやスルメなどを食べておき唾液の分泌を促進させる意識を持つとよいでしょう。

そして白米は玄米に、麺類は控えるなど柔らかい食材は控えめにする意識を持てれば尚ダイエット効果は高まる事でしょう。

国産無添加 あたりめ (業務用) 500g チャック袋入

国産無添加 あたりめ (業務用) 500g チャック袋入

 

咀嚼ダイエットの効果

肥満治療の一環で半年で40kg痩せたというデータもあるそうですが、7割以上の人がダイエットを意識せずしなくても痩せていたというデーターもあるそうです。

(データー引用:医学が認めた!食欲をコントロールできる技 - NHK ガッテン!

一般的な体型の方であれば、1か月1kg〜2kg程度の減量で半年から1年かけて気長に取り組むのが理想ですし、咀嚼回数をしっかり30回習慣化させることができれば十分可能だと思います。

 

ダイエット以外の効果

試してガッテン以外のテレビ番組でも紹介されていましたが、小顔効果があるという、番組では2週間の実施で2.3cmも顔回りが小さくなっていました。

他にも歯周病予防、脳の活性化、肩こりの予防にも役立つといわれています。

また、糖尿病の患者の方は始めに医師から食事内容の注意以外に咀嚼回数も必ず指導されるほど重要な常識となっているといわれています。

まとめ

糖質制限ダイエットや〇〇〇ダイエットという方法は高い効果があったとしても、長くは続けることが出来ずリバウンドしてしまったり身体に思わぬ負担をかける恐れがあります。

現代人が忘れているダイエットの基本は「咀嚼」です。

1口30回噛むだけという咀嚼方法であれば、ダイエットという意識もなく少量の食事に改善する事ができて自然と自分の理想とする体型を保つ事ができる事でしょう。

また、食事の時に、噛む回数を忘れず、気をつけてさえいればリバウンドの心配もなく余計なお金も掛からず身体への負担もないという素晴らしいものですのでぜひ、次の食事から気を取り組んでみてください。

「カレーは飲み物」と言ったタレントさんがいましたけど、

「カレーは食べ物!」です*1しっかり30回づつ咀嚼して味わいましょう。

それでは、また。

筋トレもしっかり頑張っていきましょう。

誰も気づかなかった 噛む効用―咀嚼のサイエンス

誰も気づかなかった 噛む効用―咀嚼のサイエンス

 

 

*1: