筋トレを趣味にしよう!BODYデザインブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「筋トレ」を趣味にしよう! BODYデザインブログ

健康である事がまず基本です。美しいボディを目指して頑張りましょう。

筋トレに意味を感じなくなった時に思い出して欲しいこと。

筋トレコラム

 
Barbell Workout in the Attic / stevendepolo

筋トレを行っている時、ふと何のために頑張っているのだろうかと感じる時ありませんか?

何かの競技力向上の為に行っているのであれば意味も感じ頑張れますが、

ダイエットやカッコいい身体を手に入れたいという目的の場合には辛い筋トレに意味を感じない瞬間もあるでしょう。

廻りの人に筋トレを理解されず「何で筋トレしてるの?」「何を目指してるの?」「楽しいの?」なんて言葉、一回は聞かれた経験もあると思います。

現在、筋トレに意味を感じなくなっていたり、挫折しそうだというあなたへ筋トレを継続させていくための方法をまとめていきます。

自分は何のために筋トレを頑張っているのか?

そんなこと、簡単です!

悩む必要も考える必要もありません!

最大の目的は「健康な身体を手にいれるため!」これにつきます。

例えトレーニングを行う目的がカッコいい身体を手に入れたい、ダイエットのためだとしても、最終的には「健康の為」となることでしょう。

様々な物が発明、発展している現代に筋トレは健康を手に入れる為には欠かせないもので、筋トレで得られるメリットは肥満や生活習慣病の改善、筋力の維持・向上、骨粗しょう症の予防、免疫力の向上、鬱病の予防、肌や髪などの新陳代謝の活性化、運動能力向上など計り知れない健康効果が得られます。

健康になるため、健康を保つために筋トレを頑張るんです。

人間の身体は強いようで弱くもあります、体温がたったの1度上がっただけでも身体の免疫力は300倍以上も低下し弱った身体を回復させようと全ての体力や気力、食欲までも失わせるといわれています

健康があっての豊かな人生です、お金が沢山あって贅沢が出来ても健康でなければ幸せとはいえません。

そんな事はみんな分かっているのですが、色々やれない理由を並べて行動出来ない人の方が多いのが実情です。

現に日本のフィットネス人口に至ってはわずか4〜5%といわれています。

連日テレビではダイエット特集なるものが放送されフィットネスの関心は高いはずなのに実際継続できている人はほんの一握りにすぎません。

ですから、今筋トレを始めてるあなたは、始めただけ一歩前進しているのですから、あとは継続させることだけを考えて、例え成長が鈍くても、週に一回しか行えなくても構いません、まずは止めないこと。止めたいと考えない事です。

何のために頑張っているのかと聞かれたら?「健康の為!」と自信を持って答えましょう。

カッコいい身体を手に入れるという目標はもちろん多くの人が持って取り組んでいると思いますが、それは置いといて!まずは健康な身体の基礎を作り維持するということです。

頑張るという意識を捨てる


training / 95Berlin

筋トレの大前提が「健康の為」という事になると頑張るという意識は少なくなると思います。

つまり健康の為!「眠る・栄養を摂る・お風呂に入る・歯磨きをする・お風呂に入る・筋トレをする・・・」ということです。

つまりは当たり前のことだという意識ですが、いかがでしょうか。

仮に2日も3日もお風呂に入らないと気持ち悪いですよね?

歯を磨かないと虫歯にもなりますしこれも気持ち悪いですよね?

いつか筋トレが習慣になると分かりますが、2日〜3日筋トレが出来ないということは同じくらいのストレスを感じ気持ちが悪くなります。

筋トレが習慣化してしまえば、簡単にやめることも少なくなりますが、習慣化していない段階で意味を感じなくなったり止めようかと考えてしまっている場合には、まずは筋トレのメニューと頻度を見直していくと良いでしょう。

軽めのメニューでも週1回は最低行う


training day / KetuGajjar

筋トレが辛い、面倒くさいという方は筋トレのメニューを少し見直して負荷を軽くしていきましょう。

自分の限界まで頑張るばかりがトレーニングではありません。

例えば

・重量を軽くして、高レップスで取り組んでみる

・嫌いな種目や苦手な種目は止める

・ベンチプレスやローイングでは少しワイドに握り負担を軽くさせる

・バーベルカールでは膝軽く曲げ反動を加えてみる

・スロートレーニングや加圧トレーニングなど関節への負担の少ない方法を取りいれてみる

・ダンベルやマシン以外のトレーニングも取り入れる

(山登りや水泳、ボルダリングなど全身を使ったトレーニングなど)

30分でも1種目でもいいので最低週1回はトレーニングを行うように心掛けトレーニングが生活習慣となるよう継続させていき、強度は徐々に上げていくようにしまずは楽しいという気持ちを持てるようにすると良いでしょう。

時間がないという理由に対して


Time / Moyan_Brenn
 

筋トレが続かない大きな理由の一つに時間がないということがあげられます。

確かに筋トレはジムに通う場合2度の着替えとトレーニングだけでも最低1時間は必要となり、それに往復の移動時間も含めて考えるとそれなりの時間が必要となりますし、仕事や学校、家事などに追われまとまった時間が取れないということも多いでしょう。

そんな時は自宅にトレーニングができる環境を整えてあげるのが良いでしょう。

揃えたい器具は2.5kg~30kgまで重量を変更できるタイプのダンベルセットです。

ダンベル1組あれば、大概の部位は鍛える事が出来ますし、置き場所もそれほど必要としません。

普段はジムや体育館などをメインに使用し、時間がどうしても取れない時は自宅で10分でもダンベルを使用しトレーニングを継続させていきましょう。

IROTEC(アイロテック) ラバー ダンベル 40KGセット (片手20KG×2個)

IROTEC(アイロテック) ラバー ダンベル 40KGセット (片手20KG×2個)

 

まとめ

筋トレを頑張っている意味を感じなくなったり、やめてしまおうかと思う時が訪れる時があると思いますが、筋トレの目的は「健康を保つため」だという大前提を思い出してください。

なんとなくやめてしまった時にはすぐ再開すればいい事ですし、しんどいと思う時は少し負荷を弱めてでも、週に1度でもいいので継続させ、習慣化させるようにしていきましょう。

筋トレの成功は、短期的な成果ではなく継続させていくことです。

継続させていくといずれそれは、習慣となり当たり前の行動となりますので、頑張っていきましょう。

それでは、また。