筋トレを趣味にしよう!BODYデザインブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「筋トレ」を趣味にしよう! BODYデザインブログ

健康である事がまず基本です。美しいボディを目指して頑張りましょう。

背中トレの必需品 パワーグリップから、リストストラップに変えました。

 ラットプルダウンやデッドリフトなどのプル系(引っ張る)種目を高重量で行う際はパワーグリップを使用していました。

パワーグリップ無しでは背中の種目は出来ない程、愛用していましたが、紛失してしまいました。

ジムに忘れたとしか考えられませんが名前も書いていない為、戻ってきませんでした

年のせいか忘れ物が多くて困ります。

 

パワーグリップを使用せずに何度か背中のトレーニングを素手で行っていたのですが、やはり追い込めません。

ハーフデッドやバーベルシュラッグなどは200kgを超える重量ですので、素手では握力が耐えられないため,、いつもより重量を落とし高レップで追い込もうと行いましたが、背中はある程度の重量がないと追い込めません

ここで、再びパワーグリップを購入しようと思いましたが、とりあえず今回はリストストラップを購入しました。

 

購入に際し、パワーグリップとリストストラップを比較してみましたのでリポートします。 

 

パワーグリップの長所と短所

GOLD'S GYM(ゴールドジム) パワーブリッププロ G3710 SIZE/M

今まで使用していたパワーグリップはゴールドジムのパワーグリッププロです。

 

パワーグリップの長所

・前腕の握力低下による疲労を防げます

・リストストラップに比べ、装着が簡単で、手早く行う事ができセット間の時間を短縮できます

・革製で出来ていて滑らずしっかりとホールドしますし、手の平のマメ防止になります

・プル種目だけでなく、プッシュ種目にも手の平の保護に使用できます

 

パワーグリップの短所

ダンベルで使用の際、パワーグリップですと大きすぎて巻きずらく手首の角度の自由が利かない為、使いづらい時があります

肩の種目であるサイドレイズやフロントレイズでは使用しづらくなるというか使えません

・バーベル200kgを超えるあたりで、マジックテープのはがれが発生し不安が出ることがあり、高重量には不向きといえます。

・革製の為洗濯が基本的には出来ません。

私は構わず、ネットに入れて洗濯機で洗っていましたが、金具部分がサビてきました

(上記は全て、個人的な意見です。)

 

GOLD'S GYM(ゴールドジム) リストストラップ G3500

リストストラップの長所と短所

リストストラップの長所

・前腕の握力低下による疲労を防げます

高重量でもしっかりと滑らずホールドできます

・普通に洗濯ができますし、値段お手頃です(2,000円程度)

・リストストラップの使用で手の平のマメが、かなり軽減されました。リストストラップ使用時はグローブを着用しなくても大丈夫です(今は併用しています)

・自分でいうのもなんですが、カッコいいですよ。

上級者の人が使用している事が多いのですが、バーに巻いている姿も、使用せず垂れ下がったシルエットも・・・ベテランのビルダーのような雰囲気を醸し出します。

f:id:komutantan:20160408133807j:plain

 画像元:

http://www.powerpit.net/upload/save_image/07291159_4c50ee9564f34.jpg

リストストラップの短所

・慣れるまで巻きずらいくしっかりと巻かないとホールドされない

ただし、すぐ慣れますから大丈夫です。

・巻き過ぎによる手首のケガに注意する必要があります。

重量が重くなると、手首に巻いた跡が赤く残ります

 

リストラップの巻き方

巻き方はこちらをどうぞ、慣れると片手でも簡単に巻けるようになります。

リスト・ストラップ 巻き方 - YouTube

 

リストストラップの注意点

ストラップを常に使っていると握力が低下し、前腕の発達も妨げられてしまうおそれがあります。本番セットにだけストラップを利用しましょう

 

短所にもありますが、締めすぎで高重量を行う際手首が抜ける様な負荷がかかる場合がありますので、注意してください

 

パワーリフターの方はご存知かと思いますが、パワーリフトの競技会ではストラップの使用が禁止されていますので、パワーリフトの大会目指している方や握力の強化を計りたい方は使用頻度を減らすなど工夫が必要となります。

まとめ

パワーグリップとリストストラップについてリポートしましたが、スーパーセットやピラミッドセットなどのセット間の時間を短く取りたい場合や100kg程度の重量までは、パワーグリップを使用し、高重量やダンベルではリストストラップを使用するのがベストと言えるでしょう。

 

またチンニングやラットプルダウン等の上から引く種目はパワーグリップが使いやすくオススメです。

デッドリフト、ダンベルローイング、シュラッグ等下から引く種目は高重量になりますので、リストストラップの使用をオススメします

またリストラップは肩の種目にも大いに役立ちますのでサイドレイズなど肩の前に前腕が疲労してしまう場合には一度お試しください

邪道かも知れませんが、バーベルカールやダンベルカールでもMAX重量の時はリストラップを使用するときがあります。

私はパワーグリップを紛失してしまったので、しばらく新しいリストストラップのみで追い込んでいきます。

 (持ち物には名前を書きましょう。)

GOLD'S GYM(ゴールドジム) パワーブリッププロ G3710 SIZE/M

GOLD'S GYM(ゴールドジム) パワーブリッププロ G3710 SIZE/M

 
GOLD'S GYM(ゴールドジム) リストストラップ G3500

GOLD'S GYM(ゴールドジム) リストストラップ G3500

 

 洗濯できるこちらを使用していますが、革製も使い込んでるうちに馴染んできて使いやすそうです。

シーク(Schiek) レザーリフティングストラップ 05-00801

シーク(Schiek) レザーリフティングストラップ 05-00801

 

 追記 パワーグリップも購入しました。リストラップとの比較

f:id:komutantan:20161010212336j:plain

 

 パワーグリップを紛失したのちリストラップで背中のトレーニングを行っていましたが、パワーグリップを再び購入し用途により使い分けています。

(今回はプロより安い方を購入しましたがプロの方が滑りにくく使いやすいです。)

 

パワーグリップを使っている人の方が多く見かけますが、重量が重くなるほどリストラップのホールド感の安定性が勝りますのでどちらが良いかと結論をいいますと、個人的にはリストラップの方が使いやすいと感じています。

重くなる重量やダンベル種目ではリストストラップを使用しラットプルダウン等でドロップセットを行う際に1秒でも早く握り直したい場合にはパワーグリップの方が使いやすい為、種目により使い分ける様にしています。

 出来ればですが、両方用意しておくことをオススメします。

それでは、また。頑張っていきましょう。

(関連記事)

 

komutantan.hatenadiary.jp

 

komutantan.hatenadiary.jp