筋トレを趣味にしよう!BODYデザインブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「筋トレ」を趣味にしよう! BODYデザインブログ

健康である事がまず基本です。美しいボディを目指して頑張りましょう。

ボディーデザインにおける2:8(にはち)の法則の重要性とは

筋トレコラム 筋トレー初心者向け

f:id:komutantan:20160518134224j:plain

2:8(にはち)の法則というものをご存知でしょうか、イタリアの経済学者が発見し提唱した理論でパレートの法則と呼ばれていて、社会人の方であればよく耳にされる言葉だと思います。

例えば

・会社における売り上げの8割は全商品のうちの2割が稼ぎ出している

・売上の8割は、全従業員のうち、たった2割の人が生み出している。

・仕事の成果の8割は、費やした時間全体のうちの2割の時間で生み出している。

・所得税の8割の金額は2割の高税納者が支払っている

という様々な事が2:8(にはち)という割合に自然となっている事が多く、更なる改善の為に、いかに2割を改善(増加)するかといった事に戦略を考えていきます。

例えば会社であれば売上を伸ばすには顧客全員を対象としたサービスを行うよりも、2割の顧客に的を絞ったサービスを行うといった事です。

 と・・・

筋トレ、ボディーデザインとは無関係と思われる書きだしになりましたが、実はこのパレートの法則がボディーデザインでも当てはまる事があります。

・ジム通いの1年以上続かない人8割、継続出来る人2割

・ボディーデザインにおける筋トレ2割、食事8割という鉄則

・筋肉に効いてるトレーニングの割合2割、ほとんど効いていない割合8割

という3つが考えられますが、どうでしょうか?

(割合は何の根拠もありません、あくまで個人的感覚です)

ボディーデザインにおける2:8の法則を考える事で、今より筋トレやジム通いに成果が表れる様になる事でしょう。

(画像元:https://jp.pinterest.com/

ジム通いの1年以上続かない人8割、継続出来る人2割

ジムに通い始めて、しっかり定期的に1年以上継続出来ているという人の割合はおそらく2割くらいではないでしょうか。

と考えると今現在、1年以上継続出来ている人は、自分に自信を持って良いと思いますし自分に新しいウェアなどのご褒美をあげて引き続き頑張っていきましょう。

ジムに通い始め1か月とか半年・・・、最近、ジムへ通うのが難しくなっている、嫌になってしまっている・・・という方へ

とりあえず始めた以上、どんな困難があろうが最低1年は頑張っていきましょう。

1年なんてあっという間ですよ、そして身体は1年で見違える様にカッコよくなっているはずです。

なんの変化も無い様であれば、トレーニングの方法、食事メニュー、など見直す必要があります。

筋トレを習慣に出来るかどうか、1年が一つの大きな壁になりますから、頑張っていきましょう。

習慣になれば、キツイと感じるトレーニングも楽しめる様になります。

1年の次は3年・・・5年・・次はもう10年となる事でしょう。

 

ボディーデザインにおける筋トレ2割、食事8割

ボディーデザインにおける重要な事の3つに、トレーニング、食事、休養があります。

3つのいずれか一つでも欠けてしまっては、カッコいい健康的な身体を手に入れる事はできません。

中でも食事が8割といわれていますが・・・これはもちろん大切な事ですが、食事が8割という考え方は、中級者以上の人が重要視するべきことであって、初心者の人がトレーニングはそこそこに(2割程度)食事ばかり気にしても思う様に筋肉は成長してくれません。

食べるだけで筋肉が付いたり、脂肪が減らせるという食材はない訳ですから

初級者は逆に筋トレ8割:食事を2割。と考えをシフトさせまずはトレーニングを重要視し基礎を身につけていくべきだと思います。

ディテール(食事)よりもまずはフォルム(身体)をしっかり作っていきましょう。

 

ジムの古株でトレーニングは欠かさず毎日のように行っているにも関わらず身体が慣れてきているのでしょうか、成長もダイエットも止まっているかのような中級者以上の方をよく見かけます。

そういった、停滞してしまっている中級者以上の方は鉄則通り、しっかり食事の重要性や生活習慣をトレーニング内容以上に見直していく必要があるでしょう。

中級者の方は食事8割・・・という事に意識をもっと持つべきだと感じます。

筋肉に効いてる割合2割、効いていない割合8割

全てのトレーニングが無駄になるとは言いませんが、多くのトレーニングが、筋肉への新しい刺激という意味では準備運動にすぎないと感じています。

例えば、本番セットの10レップのうち、8割までは準備・・・キツくなり力を振り絞った最後の残り2〜3レップ・・・これが重要ですよね。

ここで2レップで終わるか、1レップで諦めるのか、3レップ頑張るのか。または、2レップの後すぐにもう2レップ・・・行うのか。

この最後のキツイ追い込みの積み重ねで大きな差が生まれてきます

勝負は、キツイと感じたレップから・・・頑張れるかどうかです。

筋トレの効果がでないという方へ・・・

キツイと感じる瞬間からが本当の筋トレだと・・・思う習慣を身につけると良いでしょう。

まとめ

2:8(にはち)の法則を筋トレ、ボディーデザインに当てはめて考えてみました。

ちょっと意味がずれている所もありますが、食事にしてもトレーニングの追い込みにしても、ちょっとした改善が大きな成果につながると考えると良いのではないでしょうかという事です。

それでは、また。頑張っていきましょう。

 

詳しいパレートの法則はこちらから

新版 人生を変える80対20の法則

新版 人生を変える80対20の法則