筋トレを趣味にしよう!BODYデザインブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「筋トレ」を趣味にしよう! BODYデザインブログ

健康である事がまず基本です。美しいボディを目指して頑張りましょう。

ぷよぷよの身体を改善する2つの方法

ダイエット 筋トレ効果 

f:id:komutantan:20160905182918j:plain

つまんだり、揺らす分には気持ち良い?

ただとても醜い、ぷよぷよにたるんだ二の腕や下腹のぜい肉。

解決するにはダイエットが先決という事はいうまでもありませんが、実はそれ以上に

筋肉の衰えを解消していく必要があるといわれていて例え体重を減らすことに成功し痩せたとしても二の腕や下腹のプルプルは解消できないなんて事もあります。

このプルプルとたるんだ身体を改善する方法についてまとめていきます。

プルプルとたるんでいる物質の正体

年齢を重ねていくにつれ気になりだす、お腹廻りのたるみと二の腕のたるみ。

単に体重を落とせば解消すると思われていますが、実はこのたるみ、食事制限や有酸素運動を頑張ってダイエットに成功しても解消されない場合があり、ダイエット前よりたるみが気になるなんて事もあり得ます。

 

このたるみの正体は張っていた皮膚が余ってしまった以外に、筋肉の衰えが原因といわれていて「EMCL」と呼ばれています。

このEMCL、皮下脂肪や内臓脂肪とは違い、本来筋肉になるはずだった細胞が運動不足とたんぱく質の不足により筋肉繊維の間に増えていく特殊な脂肪と考えられています。

筋肉への成長前の因子(筋衛生細胞と呼ばれる細胞)が脂肪化しているという事です、単なる食事制限や有酸素運動では落としにくい脂肪である事が分かっています。

 

このEMCLは、有酸素運動ではエネルギーとして使われる事はあまりなく、別のIMCLという筋細胞内脂肪が有酸素運動時には使われるという事が北海道大学の研究レポートで発表されています。

プルプルの撃退方法とはスロートレーニング

では、このEMCLと呼ばれるプルプルの原因となる脂肪の撃退法ですが、

どうすれば良いのでしょうか?

それには筋力トレーニングとタンパク質の摂取が有効だといわれています。

なかでも、軽めの負荷を与えるスロートレーニングと大股歩きが効果的であると数年前のNHK「試してガッテン」の中で紹介され話題となりました。

 

スロートレーニングを本格的に行う場合、見た目以上にキツいトレーニングとなりますが、成長ホルモンの分泌を促す効果が高くEMCLの原因となる成長因子を筋肉に変える効果があるということでした。

 

番組で実施していたスロートレーニング

「膝をついての腕立て伏せ」

「自体重でのスクワット」

「腹筋」・・・3種目だけ

といった高齢者の方でも、自宅で可能な簡単なものを毎日10回×2セット程度の実施した結果、わずか3週間でお腹廻りが4.7cmダウンという高い効果が得られていました。

(1回辺りの動作時間は4〜5秒です)

上記のような軽めのトレーニングでもこの結果ですから、本格的に筋トレを始めていけばもっと高い効果が得られると思いたいところですが、番組では過去に軽い重量を扱ったスロートレーニングの方が重い重量(最大筋力の80%の重量)を扱うより筋肉の発達に効果があると紹介していました。

 

つまり、このスロートレーニングも軽いからと侮ってはいけないということですし、常日頃、本格的にトレーニングをされている方はスロートレーニングもどこかのセットで取り入れてみる価値はあるといえるでしょう。

詳しくはこちらをどうぞ

シリーズ運動で若返り[2] 脳をだます!ラクラク最新筋トレ術 - NHK ガッテン!

 

まとめ、ぷよぷよの身体から卒業

ぷよぷよとたるんだ脂肪の正体は筋肉の衰えとタンパク質不足が原因による脂肪「EMCL」によるもの

 

番組で紹介されていた「スロートレーニング」は普段少しでも運動している人にとってはとても軽度なのものですが、高い効果がありますから入浴前やウォーキング前に1日たったの5分実施してみてはどうでしょうか。

 

ウォーキングや食事制限をしても、たるんだぷよぷよの身体から脱出できないという方、筋トレにも取り組んでいきましょう。

最低4週間・・・とは言わず、ずっと習慣化させていくつもりで!

それでは、また。頑張っていきましょう。

NHKためしてガッテン科学のワザで確実にやせる。―失敗しない!目からウロコのダイエット術 (主婦と生活生活シリーズ)

NHKためしてガッテン科学のワザで確実にやせる。―失敗しない!目からウロコのダイエット術 (主婦と生活生活シリーズ)