筋トレを趣味にしよう!BODYデザインブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「筋トレ」を趣味にしよう! BODYデザインブログ

健康である事がまず基本です。美しいボディを目指して頑張りましょう。

とりあえず筋トレを始めよう。

筋トレ モチベーション 筋トレー初心者向け

f:id:komutantan:20160402122033j:plain

画像元:ぱくたそについて | ぱくたそフリー写真素材

朝起きて家と会社の往復だけの単調な平日、たまに飲んで帰って、週末は昼までゆっくり休んで、午後は人でごった返したショッピングモールで買い物や家族サービス・・・気づけば1週間が終わり・・・こんな日常も決して悪くはありませんし、なんでもないような事は幸せな事だと思います・・・。

 

ただ、もう少し日常の生活にリズム感や躍動感みたいなメリハリというか充実感を得たいと漠然と考えている方・・・とりあえず筋トレを始めてみましょう

別にダイエット目的でなくてもいいと思います。

パチンコやゲームなどで時間を浪費してしまっている人・・・とりあえず筋トレ始めてみませんか?

仕事や学校、家庭で大きい悩みや小さい悩み事のある人・・・とりあえず筋トレをぜひ始めましょう。

将来、起業など大きな目標を持っている人・・・とりあえず筋トレしましょう。

とりあえず、だまされたと思って、部活などの強制的なものではなく、自主的に行う筋トレは辛さよりも心地良さが勝ります。(限界に挑戦していく必要もありますが


ジムに入会しなくても、ウェアを買わなくてもいいので、まずはダンベルセットだけ用意すればOKです。

(片側10kの可変重量タイプでしたら5,000円位で取り寄せられます。)


とりあえず筋トレを始めよう。

ダンベルが用意できたら、さっそくトレーニングをはじめて行きますが、筋トレはただメニューをこなせばいいというものではありません。

前文でさんざん筋トレを始めようと言ってきましたが、始めるにあたりまずはネットなどで最低限の知識を予習しましょう。

筋トレは手軽に始められる反面、とても奥が深いくトレーニング効果も慣れてくると出づらくなり根気強さが必要になります・・・それを楽しめるかどうかが継続のカギになります。

 

ただ単にトレーニングを始めると身体に変化が表れやすいのですが、数か月後も経過すると効果が実感しづらくなり、あきらめてしまったり、重量を重くし過ぎてしまうなど

無理をしてケガにつながる恐れがありますので基本を大切にあせらず取り組むことが重要となります。

基本とはいえフォームの習得、栄養のタイミングやメニュー、筋トレの頻度、トレーニング内容、セットの組み方、休養の重要性など覚えなければいけない事が沢山ありますが、たくさんの事を学んで試し、自分の身体で検証していく楽しさもありますので継続させていく事は難しいことではなくなります。

筋トレの効果

1日おきに週3回、時間は40分程度、3か月もすれば、引き締まっていく身体の変化と共に精神的な強さを筋トレ効果で得られている事でしょう。

筋トレで得られる効果は人それぞれですが・・・

・体系の変化と精神的な根気強さが増し自信が得られます。

・無駄な時間を惜しむようになり、充実感が得られます。

・自分と向き合うようになり、悩み事も前向きに考えられるようになります。

・目標設定が明確に整理されるようになります。

 

まとめ

何気ない生活に1日40分筋トレを取り入れ習慣化させる事で大きな効果が得られます。

「なんで身体鍛えてるの?」とよく聞かれますが、

そんな時私はいつも、

「逆になんで鍛えないの?」と聞き返します。すると相手は笑っていますが・・・

ほんとに良い事ばかりなのに何で筋トレしないのかな?

 

筋トレは、ただ身体を鍛えるという事ばかりでなく何事にも負けない強い心が育ちますし生活習慣が改善されます。

仕事や学生生活にも専業主婦であっても役立つ事ばかりですので、ダマされたと思って

とりあえず筋トレ始めていきましょう!

男子は片側20kのダンベルカール、女子はダンベルベンチプレスを目標に!

それでは、また。

 

誰に強制されるわけではなく自発的に行うわけですから、自分のペースで構わないので

くれぐれもケガだけには気をつけて、始めたからには一生続ける覚悟で頑張っていきましょう!

それでは、また。頑張っていきましょう。

 今なら片側10kのセットが半額の2,500円で買えますよ(2016年4月1日現在)

 (関連記事)

 

komutantan.hatenadiary.jp

komutantan.hatenadiary.jp

komutantan.hatenadiary.jp

komutantan.hatenadiary.jp