筋トレを趣味にしよう!BODYデザインブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「筋トレ」を趣味にしよう! BODYデザインブログ

健康である事がまず基本です。美しいボディを目指して頑張りましょう。

筋トレ効果がイマイチな方は「亜鉛」が不足しているかも?

食事法、サプリメント

最近筋トレがハードな為か、HIIT(インターバルトレーニング)を取り入れているせいか、疲れがどうも抜けずらく、疲労回復系の記事ばかり書いてますが、今回も疲労回復に役立つサプリメントの記事になります。

筋トレを行う上で、ぜひ取りたいサプリメントに「亜鉛」があります。

亜鉛は体内の酵素を活性化させる事も出来るスーパーサプリメントなどとも呼ばれており、最近疲れが抜けない私も久しぶりに亜鉛のサプリメントを購入し取り始めました。

今やご存知の方も多いと思いますが、亜鉛の摂取による筋トレや疲労回復の効果は見逃せないものがありますので、亜鉛の効果や注意点などについてまとめていきます。

筋トレと亜鉛の効果

亜鉛はミネラルの一種で、体内のタンパク質の合成には欠かせないといわれています

亜鉛には筋肉を発達させるために必要な男性ホルモンや成長ホルモンを生成する働きがあり、筋肉の回復や成長には必要不可欠な栄養素といわれ、筋トレを行う人にとって欠かせないミネラルと言えるでしょう。

筋肉が中々成長しないという方は一度、亜鉛が不足している可能性もあるという事を疑ってみる必要があります。

女性の方にも亜鉛は必須です

f:id:komutantan:20160312214300j:plain

亜鉛には男性ホルモンの活性化に効くとして精力剤にもよく含まれている為、男性向けと思われていますが、実は女性にも高い効果を得る事が出来るといわれていて、女性の体内で、女性ホルモンの働きを助けてくれる効果があり、バストアップなど女性らしい体つくりにも欠かせない栄養素といわれています。


また、高い免疫効果も認めれらていますので、疲労回復効果や感染症予防などに高い効果が期待できるでしょう。

亜鉛不足

亜鉛が不足してしまうとどういった症状があるのかといいますと、よく言われるのが味覚障害、肌荒れ、口内炎、脱毛、性機能の低下といった症状が現れるといいます。

 

この中でも特に怖いのが味覚障害で、知らずのうちに味付けの濃い食事になり塩分や糖分の摂りすぎにつながり高血圧や高血糖といった症状を発症する原因にもなる危険があるという。

何を食べても味が薄いと感じる方は亜鉛不足の場合もありますので家族など周りの人に味付けをチェックしてもらいましょう。

亜鉛を多く含む食品

 様々な食品に多くの亜鉛が含まれていますが、特に牡蠣や牛肉、魚介類、豆類などに

多く含まれていて、お米やパンなどにも少量ですが含まれていますので、バランス良く食事を心がけている方は、亜鉛の摂取量をあまり気にすることもありませんが、それでも不足がちになるといわれています。

亜鉛は他の栄養素や加工食品に含まれる食品添加物に吸収を阻害され体外に排せつされやすいミネラルで摂取目安とされる1日当たり成人男性で12㎎、女性で9mgより多くの亜鉛を摂取する必要があります。

筋トレの効果を望む方や活発に活動される方は特に意識して摂る必要がありそうです。

亜鉛の取りすぎ

亜鉛は多く摂りすぎてもいけません。

摂取の上限は30mg/1日までとされています。

亜鉛を過剰に毎日100㎎以上摂取し続けると、鉄分や銅の欠乏を招いてしまい、貧血やコレステロールの代謝異常、糖分の代謝異常、免疫力の低下などがあります。

一度に摂りすぎる(2000㎎)てしまうと亜鉛中毒を引き起こす恐れもありますので、摂りすぎには注意も必要です。

体に良いとされるミネラルですが、摂りすぎは毒となりますので、サプリメントなどは特に容量を確認しましょう。

亜鉛の取り方

様々な食品に含まれている亜鉛ですが、サプリメントで効率よく摂取するのが良いでしょう

亜鉛には吸収を促進してくれる相性の良い食品と吸収を阻害させてしまう食品や栄養素がありますので、摂取するタイミングも大切になります。

あんまり難しい事を考えていると摂取のタイミングを逃しますので、空腹時や寝る前などに設定すれば良いと思います。

亜鉛と相性の悪い食品は、食物繊維、カルシウム、食品添加物、お茶やほうれん草などの緑黄色野菜に含まれるタンニンなどがあります。

これらの食品は腸内で亜鉛の吸収を阻害する働きがあるといわれていますので、食べ合わせやタイミングを考えるようにしましょう。

また飲酒や激しい運動で多くの亜鉛が消費されますので毎晩、晩酌をされている方は特に多く摂る必要があるといわれています。

亜鉛と一緒に摂りたい食品としては、ビタミンCやクエン酸、動物性タンパク質などがありますので、マルチビタミンなどと一緒に摂取すると良いかと思います。

ZMA(ジーエムエー)がオススメ

他にもマグネシウムやビタミンB6も筋肉作りには欠かせない栄養素で一緒に摂る事で

筋肉の合成に欠かせないテストステロンの生成が活発化されるといわれており、筋肥大を望むトレーニーは必須とされています。

ZMAというサプリメントはその亜鉛、マグネシウム、ビタミンB6を合成したサプリメントでテストステロン合成に役立つサプリメントとして人気があります。

ZMAには睡眠の質を高める効果もあり、睡眠中のゴールデンタイムといわれる成長ホルモンが活性化される時間に睡眠の質を高めるという事は、筋肉の発達や回復を強力に促進する効果も期待でき、亜鉛単独で摂るよりも高い効果が望める事でしょう。

まとめ

最近疲れが抜けずらいという方、筋トレに励んでも思う様に効果が得られないという方は一度、亜鉛を摂取してみてはいかがでしょうか。

微量な栄養素の為、すぐに高い効果を望めるとは言えず多くの亜鉛を摂りたくなりますが、過剰摂取は逆効果となります。容量をしっかり確認し継続していきましょう。

 

 それでは、また。頑張っていきましょう

 

 亜鉛を摂るなら、国内メーカーのものが安心ですよね。

ディアナチュラ亜鉛(60日)

ディアナチュラ亜鉛(60日)

 

 ZMAはこちらも国内産です

DNS ZMA(ジーエムエー)スーパープレミアム 180カプセル

DNS ZMA(ジーエムエー)スーパープレミアム 180カプセル