筋トレを趣味にしよう!BODYデザインブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「筋トレ」を趣味にしよう! BODYデザインブログ

健康である事がまず基本です。美しいボディを目指して頑張りましょう。

ゴールドジムに通うメリット ストライブ社製マシンを最大活用

ジム選定 筋トレ メニュー

ゴールドジムに通うメリットの一つにダンベルやバーベルの充実とマシンのバリエーションの豊富さがあります。

ダンベル感覚で片側ずつ負荷が掛けられるプレートロードマシンのNo1ブランドと言われトレーニーに大人気のハンマーストレング社のマシンや初動、中間、終動の3種類の負荷を切り替える事が出来るストライブ社製のマシンなど他にも豊富に取り揃えられています。

 

中でもストライブ社製のマシンは女性でも安心してトレーニングを行う事ができると共に、支点位置を変える事で1セットでもパンプを得られる、とても優れたマシンです。

 

今回はストライブ社製のマシンを使って効果的に追い込む方法についてまとめます。

(店舗によって設置されているマシンの台数や種類は異なります)

ストライブ社製マシンの特徴

ストライブ社製のマシンはウエイトと力点をつなぐ、ラクビーボール型の様な、いびつな形をしたカムがあります

(※カムは回転軸と力点の距離の変化で負荷を調節する部品)

レバーでそのカムの位置を9段階の中から選択する事で、動作中の負荷を変化させることができるという特徴を持ち、初動に最も負荷をかけたり、終動に負荷をかけたりという事が可能なマシンです。

 

初動から終動のセットを上手く組み合わせる事で、「POF法」と「21レップ法」といったトレーニング法も可能になり、1セットだけでも強烈なバーン(痛み)やパンプを得る事ができます。

f:id:komutantan:20160206134623j:plain

画像出典:

http://blog.livedoor.jp/gg_machine/archives/51204940.html

ストライブ社製マシンの種類

・レッグエクステンション(大腿四頭筋)

・シーテッドレッグカール、プロンレッグカール(ハムストリングス)

・チェストプレス、バタフライ、インクラインプレス(大胸筋)

・ラットプルダウン(広背筋上部)

・ローイング(広背筋下部)

・ラテラルショルダー、ペックフライ、ショルダープレス(肩)

・プレスダウン、アームエクステンション(上腕三頭筋)

・プリチャーカール(上腕二頭筋)

・クランチマシン(腹直筋)

・ロータリートルソー(外腹斜筋、内腹斜筋)

とほぼ全身をストライブのマシンで鍛える事ができます。

また店舗によっては女性専用のマシンも用意されています。

ストライブ社製のマシンを使ったトレーニング方法

『ストライブ』というマシンで、初動で6回、中動で6回、終動 で6回。全18回で5カ所の筋肉を鍛えます。これまでのように負荷のかかり方が一通りのマシンとは違い、最少のトレーニング回数で最大の効果を得ることができます。これは相当、効きますよ。

引用:

http://www.goldsgym.jp/genre/training_s_5.html

 

始めにスタートポジションで最も重い負荷がかかる初動位置にセットしレップを開始します、限界まで達した時点で、すぐフィニッシュポジションで最も負荷の重くなる終動位置にセットし、また限界が来たら最後に中間位置に切り替え追い込む事で、21rep法と同じ意味を持つトレーニング法がマシンで可能になります。

(21レップ法の詳しい方法は、下記の関連記事を参照ください)

 

普通にレップを重ねるのは、他のマシンと変わりませんが、負荷のかかる位置を変える事で強烈に追い込む事ができます。

初動、中間、終動(計21レップ〜)で1セットとし、各部位3セットも行えば十分効果は得られます。

 

ダンベルやバーベルで行うトレーニングとは違い、安定したフォームで出来ますので
重量を落としながら追い込むドロップセットや重量を上げてから落としていくピラミッドセットなどを初心者でも安心して取り組むことが可能です。


 可変抵抗レバーの変更順序に決まりはありませんので、種目によって、終動位置を最後にしたり、初動位置を最終に行う事でバリエーションを組み合わせて変化を付けるとよいでしょう。


例えば、上腕二頭筋を鍛えたい場合、上腕二頭筋は終動位置が最もきつくなり、筋肥大にとって大切になる位置ですから

初動から始め中間に切り替え最終的に終動位置に切り替える事で、上腕二頭筋を追い込む事が基本ですが、逆に終動位置から始めて追い込み限界に達した時点で中間、初動と負荷を減らしつつ、追い込む事もできます。

 

1種目に付き、初動、中間、終動の組み合わせを各3セット、バリエーションを変え部位にあった順番を突き詰めていきましょう。

ポイントは筋肉のPOFを考える事です。最もきついやり方で取り組みましょう。

 

POF法、詳しくはこちら

POF法を取り入れ 負荷を逃がさず効率よく筋トレで追い込む! - 「筋トレ」を趣味にしよう! BODYデザインブログ

女性向けのメニュー 5 ONE ALL

女性用のメニューとしてストライブ社のマシンを利用したトレーニングメニューに

5 ONE ALL(ファイブ・ワン・オール)というものがあります

ストライブ社のマシンを利用し5つの筋肉を短時間で効率よく鍛えるものですが、

1種目1セットづつ連続して5種目行いますレップス数は

初動を6レップス、中間を6レップス、終動を6レップスで計18レップス行います

通常のマシンであれば同じ負荷しか掛けられないものをストライブのカムを変えることで負荷の掛かり方を変える事が可能となるため効果が高いとされています

メニューは

チェストプレス(大胸筋群)

ロウイング(背筋)

ショルダープレス(肩)

レッグエクステンション(大腿四頭筋)

レッグカール(ハムストリングス)

の5つで約8分で終了します

最小の回数で最大の筋トレ効果があるとされています。

重量は約2.5kgづつ変更できますので、レベルにあった負荷を調整する事が可能で

有酸素運動やスタジオプログラムを好む女性に向けたメニューとしておすすめされています

有酸素運動は筋肉の分解を促進を促してしまうデメリットもありますから

対策として大きな筋肉をしっかり鍛えていくと良いでしょう。

これにストライブ社製のアブクランチ(腹筋)も加えて頑張っていきましょう。

ぜひ、女性には取り入れて欲しいメニューです。

 

まとめ 

 1台100万円以上する高額なマシンですが、ゴールドジムでは部位毎に複数台取り揃えられていますので、ゴールドジムに通われている方は効果的に活用していきましょう。

 

何気なく使っているマシンでも使い方一つでハードに、最大限筋肉を追い込む事ができます。

 

他のジムや体育館などに通っている方でも使用しているマシンの特徴を活用して行く事で、多角的かつ効果的に筋肉に刺激を与える事が可能ですので、有効に利用していきましょう。

それでは、また。頑張っていきましょう。

(関連記事)

komutantan.hatenadiary.jp