筋トレを趣味にしよう!BODYデザインブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「筋トレ」を趣味にしよう! BODYデザインブログ

健康である事がまず基本です。美しいボディを目指して頑張りましょう。

ホエイプロテインの除脂肪効果について

<

GOLD'S GYM ホエイプロテイン プラス ペプチド&ビタミンB ミックスベリー900g

 筋トレ後の回復やたんぱく質補給に欠かせないホエイプロテインですが、単なる栄養補助食品として認知されていますがいままで薬理的効果はないとされていました。

しかしプロテインの様々な実験が行われている中でリポートが発表されました。

 

「日本食品業界新聞」の記事によると、ホエイプロテインの摂取が、体内の脂肪分を減少させ、除脂肪体重の増加を促進する可能性があると 米・ホエイプロテインコンソーシアムの発表したと伝えました。 

ホエイプロテインの摂取により、身体組成の改善に有効であるという可能性についての新しい研究結果をホエイプロテインコンソーシアムが「The Journal of America College of Nutrition」の3/4月号で発表したことをアメリカ乳製品輸出協会がリリースした

 

引用:日本食品業界新聞 » ホエイプロテインの摂取が、体内の脂肪分を減少させ、除脂肪体重の増加を促進する可能性を追求 米・ホエイプロテインコンソーシアム

ホエイプロテインとは

牛乳のホエイタンパク(乳清)から作られており、細かく分解されている為、摂取後の消化、吸収が速く、水分に溶けやすい為飲みやすいのが特徴で一番人気のあるプロテイン。タンパク質合成を促進する(アナボリック)効果が高い事でも知られています。

 

ホエイプロテインの7倍の同化効果 最近発表されたオススメのプロテインとは? - 「筋トレ」を趣味にしよう! BODYデザインブログ

ホエイプロテイン摂取による実験結果

健康な成人を対象に実施した無作為化比較試験を選定し検討した。結果としては、研究に最後まで参加した総勢626人の成人を対象とした14の無作為化比較試験が今回のメタ解析の対象であった。そのうち5つの研究はホエイプロテインを他のカロリー源と置き換える効果を検証したもので(WPR)、他の9つの研究は食事内容を変えずにホエイプロテインを追加した効果を検証したもの(WPS)である

 

体重減少 平均 -4.74kg

体脂肪減少 平均 -3.72Kg という結果が発表されています。

筋トレを行っていない人も含まれています。

つまり、ホエイプロテイン摂取が筋力トレと組み合わせた場合でも、体重の減少もしくは維持の食事療法の一環として筋トレを行わない場合でも、体脂肪減少に有効であることを示しているとあります。

 

※実験の期間や筋トレの内容などの詳細不明です。

 

記事をよく読んでみると・・・

ホエイプロテインに含まれているBCAAの効果が強調されています。

中でも、ロイシンというアミノ酸の働きによる効果が高いということです。

ホエイプロテインは、ロイシン、イソシン、バリンを含んでいる分岐鎖アミノ酸(BCAA)と呼ばれる3つのアミノ酸の最も優れた供給源の一つとなる。他のアミノ酸とちがい分岐鎖アミノ酸(BCAA)のほとんどは筋肉で取り込まれて利用される。

さらにホエイプロテインは、一般的な分岐鎖アミノ酸(BCAA)の供給源のなかでも、ロイシン濃度が最も高いもののひとつとなる。

ロイシンといえばHMBが話題ですよね。

数年前から日本でも販売が認可され今大人気となっているサプリメントです。

筋肉分解を防ぎ、同化促進作用が高いといわれています。

気になる方はこちらもご検討ください。

Now HMB 500 mg 120 Veggie Caps 海外直送品

Now HMB 500 mg 120 Veggie Caps 海外直送品

 

まとめ

 プロテインを飲むと太るのでは?という疑問を持つ方に考えを改めて頂きたい記事だといえます。もちろんプロテインの多量摂取は肥満の原因になりますが、トレーニング後や間食として筋肉の同化作用を促す意味で、あくまで補助として、筋トレを行うトレーニーには必要不可欠と考えます。

 

また、BCAA(分岐鎖アミノ酸)と上手く組み合わせる事をオススメします。

起床直後は吸収の速いBCAAを摂取し、就寝前には吸収のゆっくりなプロテインを摂るというのが一般的で有利といわれていますが、就寝前はあまりオススメしません。

就寝中は胃腸などの内臓を休ませるべきだと考えます。

就寝中のカタボリックが気になる方はBCAAの摂取程度にとどめましょう。

 

また、トレーニング後の30分以内にプロテイン摂取をすすめるゴールデンタイムにとるプロテインも少し見直した方が良いと私は考えます。

トレーニング後の30分は筋肉に血液が集中しているため、胃腸の血流が悪くなっていますので、まず筋肉の疲労回復に有効とされるBCAAを摂取し、血流が回復したあたり(トレ後30分位)でプロテインを飲むようにするのが良いと思います。

 

プロテインとBCAA(アミノ酸)を賢く摂取して、筋トレの効果を高めていきましょう。

(関連記事)

オススメ!定番 サプリメント「クレアチン」効果! - 「筋トレ」を趣味にしよう! BODYデザインブログ

(オススメのBCAA)

 コストパフォーマンスが抜群で、グルタミンも配合されたBCAAです。

私も起床時、就寝前、トレーニング前、トレ中、トレ後に粉のままスプーンで口に放り込んでいます。

1Kg入りでおよそ6,000円とコストパフォーマンスが高いので、1回6g程度、量を気にせず、飲んでいます。

BCAA+G1000 レモネード味 1kg [並行輸入品][海外直送品]

BCAA+G1000 レモネード味 1kg [並行輸入品][海外直送品]