筋トレを趣味にしよう!BODYデザインブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「筋トレ」を趣味にしよう! BODYデザインブログ

健康である事がまず基本です。美しいボディを目指して頑張りましょう。

「腹筋革命 バリバリの腹筋を作る2つの極意」 IRONMAN 2017 6月号

アイアンマン2017年6月号

肉体改造 = 腹筋を割る事!

と思っている方や腹筋だけ割りたいという方、多いのではないでしょうか。

私の場合ですが、最近その意識が全くなく、おざなりにしてしまっている部位の一つとなっていました....

 他にも全く鍛えていない部位は、首、むこうずねなどがありますが、腹筋はトレーニングの最後にクランチを20回3セット位、週に1回行うかどうかくらいで、ほぼ行っていないといえる状況です

今号を読んで少し反省したと共に、カッコいい腹筋をたくさん見て感化されました。

 

IRONMANの特集は腹筋革命

 

毎月購読している「カラダ改造マガジン IRONMAN」での気になる特集記事の紹介をしていますが、今月号の特集は腹筋革命ということで腹筋です。

 

インパクトのあるカッコいい腹筋の表紙が気になりますが、内容的には

アジアボディビルチャンピオンであった谷野選手や日本トップクラスのフィジーク、4選手の腹筋のトレーニングプログラムや腹筋に対するポイントが掲載されています。

他にも「肉厚なシックスパックを作る」・「バリバリの腹筋を作る2つの極意」といった特集が計15ページに渡り掲載されていて、とても参考になります。

 

 腹筋はこれ1冊でお腹一杯という感じで、多くのバリエーションを組んでトレーニングが行えると思いますし、自分にあったトレーニング法を探せることでしょう。

 

 その中でも今回、私が気になった記事は、「バリバリの腹筋を作る2つの極意」という記事でした。

バリバリの腹筋を作る2つの極意

バリバリの腹筋を作るにはどうすれば良いのでしょうか。

何百回もの腹筋を行い刺激を与えればよいというものではなく、腹筋に必要な刺激を与える事が腹筋を鍛える極意なのだと述べられています。

その刺激とは以下の通りですが

極意1

腹筋にも高強度な刺激

高強度の刺激が必要=高重量を扱うという事

 

極意2

バキュームの術をマスターする

ポイントは腹横筋を刺激しシャープな胴部を手に入れる

 

引用:アイアンマン2017年6月号 p049

ただ、ここで書けるのはここまです。ごめんなさい。

高強度な刺激もただ重くすれば良いというものではなく、いくつか注意事項がありますし、バキュームの方法も詳しく載っていますので本誌をぜひご購読ください。

 

 バキュームは息を吸いながらお腹を凹ませるだけなのですが、実際やってみると難しく感じました、しっかりマスターして日常に取りいれる事ができれば、かなりの効果が期待できると思います。

 

腹筋トレーニングのポイント

 

 腹筋のトレーニング方法やポイントは、皆共通していることを述べています。

簡単に整理すると腹筋特集は以下のようになりますので、参考にしてみてください。

 

・腕の筋肉などと同じ様に腹筋を意識的に動かせるように訓練する

・腹筋に意識を集中

・体脂肪をまずは減らす

・動作中負荷が抜けないように可動域や呼吸に注意する

・高負荷低回数、低負荷高回数を交互に実施

・伸展と収縮をしっかり意識し行う

・反動を入れない

・腹筋も他の筋肉と同じだという認識を持つ

・高強度な負荷を入れる必要もあるが強度が重すぎても他の部位に負荷が逃げるので適度な重量設定が必要。

 

とありますが、このポイントは腹筋に限らず他の筋肉でも同じことが言えるというのがわかると思います。

 

 腹筋は他の筋肉とは違うという認識を持ってしまっている方も多いとは思いますが、当然、同じ筋肉であって、負荷をかけていけば肥大させる事も出来るし、トレーニングしなければ当然萎縮もしてしまいますので、腹筋も他の部位同様、正しい知識のもと意識的に鍛えていく必要があるといえるでしょう。

 

腹筋トレーニングの実施

 

冒頭でもいいましたが、ここ数か月、腹筋は時間もないし、また次で良いと思いあまり行っていませんでした。

 

 エドワード加藤選手も全く腹筋は行っていないって言っているし、いいかと、良い方に解釈してしまっていますが、「お前はやれ!」と自分自身に言い聞かせるきっかけになる特集でした。

イケメン!人気急上昇中のエドワード加藤選手のトレーニングメニュー - 「筋トレ」を趣味にしよう! BODYデザインブログ

 

やはり身体を鍛えている=腹筋が割れている状態。

という意識を持って、もう少し積極的に取り組んでいきます

 

 まずは、谷野選手が推奨している4つのメニューを1日、1種目、3セット。

中1日で週4回トレーニング前に行っていきたい思います。

また、バキュームも朝晩、鏡の前で練習していきます。

 

最後に

 トレーニングを日々行っている方であれば、 腹筋をやっていないという方は少ないかと思いますが、いくらトレーニングしても、腹筋だけは手強く中々割れてくれないものとあきめている方が多いのも事実ではないでしょうか。

 

腹筋はもともと割れている筋肉ですからあきらめず、正しい知識のもと効率よく腹筋を鍛え、まずは脂肪を落とす事を最優先に考え食事を見直していけば、必ずや力強い腹筋を手に入れる事が出来るはずです。

 

 それでは、また。頑張っていきましょう。

アイアンマン2017年6月号

アイアンマン2017年6月号